ユーザー車検からディーラー車検まで車検についての豆知識

車検に必要な法定費用は省けません。

車によって異なる車検の費用

車検の費用は車によって違います。

まずは普通車で、必ずかかる費用としては、強制保険(自賠責保険)が2万7000円ほどかかります。

プラス重量税は2万7000円程、印紙代として1800円程かかるので、最低金額として約5万6000円の金額がかかります。

ここまでが法定費用になっていますので、どこの車検で受けてもこの金額は必要ということになります。

ここからが金額が変わってきますので、車の状態や店の経営によって金額のばらつきが出てきます。

ここに整備料金、車検代行料金、部品代金、部品交換技術料がかかってきます。

安く見積もっても普通車で8万後半から10万円の金額は必要になってくるでしょう。普通車の車検の場合は、10万円お金はかかるものとして考えておきましょう。

軽自動車の場合は強制保険が2万6000円、重量税が6600円、印紙代が1400円、合計約3万4000円となります。

これが軽自動車にかかる法廷費用になってきます。これに整備費用を考えると相場としては、6万円から8万円の金額になります。

車検の相場金額で安い広告が入っている場所は、代行料金が1万円ほどに設定されていて、部品の交換はなしとして考えています。

普通車であれば5万6000円+1万円で最低6万6000円となります。車検で「通すだけ」という状態がこの状態です。軽自動車であれば、4万4000円が最低金額になりますが、ディーラーが取る金額を5000円にしたりして、安くあげる場所も出てきているので、その分金額にすると4万円を切る場所もでてくるのです。

法廷費用の分があると思えば、あとは安全に走行するための、安全料金だと思って払ってもらうしかないですね。